イベント

今後のイベント

イベントレポート

一部上場大手SIベンダーと国内最大級のブロックチェーン企業が仕掛ける次世代のSaaS型の現物管理プラットフォーム

大手システム開発企業の東計電算(東証一部上場)と日本最大級のブロックチェーンハブを運営するバイナリースター株式会社は、ブロックチェーン技術を現物資産管理システムに統合した新たなサービスの共同開発と販売を5月15日より開始します。

ブロックチェーン業界トッププレーヤー26人が語った、世界のブロックチェーンビジネス最前線! 【10/5開催 ブロックチェーンカンファレンス UNBLOCK TOKYO 2019 イベントレポート】(2/3)

UNBLOCK TOKYOでは、日本企業がブロックチェーンのビジネスタイミングで大きく飛躍する為に必要な、世界中の活用事例や各国企業とのネットワークを提供するブロックチェーンカンファレンスです。当日は世界各国から最前線を牽引するトッププレーヤー達との議論が計10時間行われました。 本イベントレポートは3部構成の長編となりますが、是非、最後まで読んでいただけますと幸いです。 <本イベントレポートの構成> ・日本企業がブロックチェーンビジネスに取り組むべき理由(1/3)・ブロックチェーンの活用の具体例(1/3)・世界最前線のブロックチェーンビジネスモデル(2/3)・De-FiやSTOといったブロックチェーン領域にて重要なキーワードの最新見解(3/3) 本イベントレポートでは、UNBLOCK TOKYO に登壇いただいた企業の概要紹介をメインに行います。開催前に配信していた「1分でわかる!世界のブロックチェーン企業」の最終稿となっております。  Metaverse DNAとは?...

「日本のSTOの法規制とアジアにおける国際戦略」 参議院議員 藤末健三 | 独占インタビュー 後編

「日本のSTOの法規制とアジアにおける国際戦略」前編「日本のSTOの法規制とアジアにおける国際戦略」中編「日本のSTOの法規制とアジアにおける国際戦略」後編 今後のSTOのあるべき姿とは  井垣 孝之 最後に、今後のSTOのあるべき姿というテーマでお話頂きたいと思います。STOの現状についてお話頂きましたが、藤末議員は今後STOはこういう風になっていくべきだというビジョンはお持ちですか?  藤末議員:一番大きいところはIPOです。証券を出して資金を集めるのが非常に面倒臭くなっているし、コストが大きすぎて、上場しても意味があるのかということになっています。そして、資金が集まりません。一方でソーシャルレンディングみたいな動きもあるけれど、規模が大きくないです。 僕はトークンを使った資金を集める手段は、革命を起こすと思います。きちんとやれば。本当に何かやりたいなと思った時に、トークンを発行しますとことです。 例えば、ある歌手がいて、チケットの前売りをトークンでやりますよというのはありじゃないですか。あとは、国際的なビジネス、例えば私の友人がやっていた面白いやつがあるのですけど、トランスレーターをシェアリングしようっていう仕組みを作っています。 そうするとドル決済よりもトークンで決済しましょうという話になります。そのトークンを初めからセキュリティートークンのような形で出しておいて、資金を集めてからビジネスをするということです。新しいビジネスのやり方、資金の集め方ができるはずです。それをやりたいです。 トークンによる資金を集めるプラットフォームが日本にあることで、自ずと起業家が日本に集まってくるし、情報も資金も日本に集まります。...

1分でわかる!世界のブロックチェーン| 第4回 MakerDAO(メイカーダオ) Dapp.com(ダップドットコム)

10/5日(土曜)開催のUNBLOCK TOKYOにてご登壇いただく企業やプログラムについて全9回に渡ってご紹介しています! 本日、第4回目にご紹介するプログラムは以下の通りです。なお、10/5のUNBLOCK TOKYOでは、MakerDAOのGustav Arentoft 氏に「オープンソースで銀行のいらない経済とは」テーマについて、またDapp.comからは藤岡紀光 氏に「Dappsの世界のトレンドをご紹介」についてのご公演をいただきます。  MakerDAO(メイカーダオ) 国:WEB:https://makerdao.com/ja/ Dapp.com(ダップドットコム)...

バイナリースターで
イベント開催

バイナリースターのビジネスセンターでイベントを開催しませんか?
是非お気軽にイベントのアイディアをご連絡ください。過去のイベントの様子はギャラリーページをご覧ください。

X