ブロックチェーン業界トッププレーヤー26人が語った、世界のブロックチェーンビジネス最前線! 【10/5開催 ブロックチェーンカンファレンス UNBLOCK TOKYO 2019 イベントレポート】(2/3)

UNBLOCK TOKYOでは、日本企業がブロックチェーンのビジネスタイミングで大きく飛躍する為に必要な、世界中の活用事例や各国企業とのネットワークを提供するブロックチェーンカンファレンスです。当日は世界各国から最前線を牽引するトッププレーヤー達との議論が計10時間行われました。 本イベントレポートは3部構成の長編となりますが、是非、最後まで読んでいただけますと幸いです。 <本イベントレポートの構成> ・日本企業がブロックチェーンビジネスに取り組むべき理由(1/3)・ブロックチェーンの活用の具体例(1/3)・世界最前線のブロックチェーンビジネスモデル(2/3)・De-FiやSTOといったブロックチェーン領域にて重要なキーワードの最新見解(3/3) 本イベントレポートでは、UNBLOCK TOKYO に登壇いただいた企業の概要紹介をメインに行います。開催前に配信していた「1分でわかる!世界のブロックチェーン企業」の最終稿となっております。  Metaverse DNAとは?…

ブロックチェーン業界トッププレーヤー26人が語った、世界のブロックチェーンビジネス最前線! 【10/5開催 ブロックチェーンカンファレンス UNBLOCK TOKYO 2019 イベントレポート】(1/3)

UNBLOCK TOKYOでは、日本企業がブロックチェーンのビジネスタイミングで大きく飛躍する為に必要な、世界中の活用事例や各国企業とのネットワークを提供するブロックチェーンカンファレンスです。当日は世界各国から最前線を牽引するトッププレーヤー達との議論が計10時間行われました。 本イベントレポートは3部構成の長編となりますが、是非、最後まで読んでいただけますと幸いです。 <本イベントレポートの構成> ・日本企業がブロックチェーンビジネスに取り組むべき理由(1/3)・ブロックチェーンの活用の具体例(1/3)・世界最前線のブロックチェーンビジネスモデル(2/3)・De-FiやSTOといったブロックチェーン領域にて重要なキーワードの最新見解(3/3)  <日本企業がブロックチェーンビジネスに取り組むべき理由> 赤羽雄二氏の講演では、この先ブロックチェーン市場が急成長していくことを前提に、グローバルマーケットにおいて30年前と比較すると圧倒的な差をつけられている日本企業が、ブロックチェーンのビジネスチャンスを活かしてどうやって事業拡大していけばいいのかを解説しました。 以下、BINARYSTARアドバイザー 赤羽雄二 氏による、「UNBLOCK…

イノベーションを加速する日本・アジア発エコシステムの構築|第2回 Next X Asia イベントレポート

2019年5月16日(木)にBINARYSTAR株式会社(以下、BINARYSTAR)は、第二回 Next X Asia(ネクスト エックス アジア)カンファレンスを開催いたしました。 当カンファレンスは、イノベーションを加速する日本・アジア発エコシステムの構築を目指し、次世代技術における主要なプレーヤー間のコラボレーションを提供する場です。シリコンバレーと中国の成功に続く第三の流れとして、「アジア発で世界中に影響を与えるエコシステムの構築」を目指しています。 当日は数多くの企業の方に参加していただき、以下のアジェンダで進行いたしました。 アジェンダ一覧 1….

「世界のブロックチェーン導入事情と日本企業への意味合い」|第1回 BINARYSTAR月例セミナー・イベントレポート

第一回月例セミナーでは、世界中のブロックチェーン活用事例の紹介をメインに、“自動車関連サービス、IoT、物流、サプライチェーン、保険、貿易、金融・支払い・決済、不動産、ID、個人情報、デジタル広告、分散型サービス、医療、インフラセキュリティー”の分野で、実に45個の活用事例と具体案例を挙げてブロックチェーン活用をすることでどのような問題解決が出来るのか、どのような効果が出ているのかを解説した。 赤羽雄二氏講演内容 (一部抜粋) IoT 第3世代ブロックチェーンプラットフォームIOTAが支えるIoTの未来と可能性 「オランダで実験が進められている電気自動車の充電ステーションではIOTAを使ったエンドユーザとの通信や支払いを実装しており、Tangleに記録されたデータは信頼性が高い管理が保証されている。」 「現在この充電ステーションは一般向けに試験場で設置されており、子供用の電気自動車などでのテストが行われているが、今後実用化が進めば一般的に利用されている電気自動車でも利用することが可能である。」 「IOTAが持つ、セキュアなデータ転送、無償のリアルタイム通信、高いトランザクションスループットは世界中の様々なエコシステムをサポートする重要な位置づけとなりつつある。」 日本企業への意味合い 世界中がブロックチェーン実装への競争をしている。ブロックチェーンベンチャーが大企業を脅かす…

日本最大のブロックチェーンビジネスハブが銀座にオープン 日本企業がグローバルマーケットで競争力を取り戻すためには?

BINARYSTAR株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:池上雄飛)は、2019年2月1日、日本最大のブロックチェーン専用ビジネスハブを銀座にオープンしました。当社は、同日、オープニングセレモニーとして基調講演を開催し、300名を超える方々に参加いただきました。基調講演は日本企業がどうやってブロックチェーンをビジネス実装していくのかを「ビジネス×法律×技術:ブロックチェーンが実現する次世代のビジネスモデル」という主題で実施されました。また、懇親会では世界中のブロックチェーン業界の著名人と国内企業の担当者が今後の動向に対して意見交換を活発に行われました。 【ブロックチェーンがビジネスに与える衝撃】 ビジネスパートを担当した当社アドバイザー・インキュベーションマネージャーの赤羽雄二氏の講演では、この先ブロックチェーン市場が急成長していくことを前提に、グローバルマーケットにおいて30年前と比較すると圧倒的な差をつけられている日本企業が、ブロックチェーンのビジネスチャンスを活かしてどうやって事業拡大していけばいいのかを、最新事例と特に注目している企業の具体例を挙げながら解説をしました。 (以下、赤羽氏講演内容一部抜粋) <ブロックチェーンのビジネス実装においてのリーディングカンパニー> 「最も注目している企業は中国企業のアリババグループであり、ブロックチェーン国際特許申請数に関して、2017年は406件中43件で世界第2位、2018年は特許申請数90件でIBMを抜いて世界第1位になった。」 「3秒で香港とフィリピン間の国際送金を成功、中国国内に到着する前から情報追跡を始める物流管理や、食品製造業の偽装撲滅に対して供給経路が特定など、中国では仮想通貨の取り扱い自体は禁止されているものの、アリババグループは様々なアプリケーションを開発し、ブロックチェーンに関連したビジネスを拡大しており、この分野で世界的リーダーとしての地位を獲得している。」 この1~2年が最後のチャンス> 「40~50年に一度のインターネットより大きなビジネスチャンスが目の前に来ているが、そこで勝てるチャンスはあと1~2年しかない。ブロックチェーンは現状なかなか実用化できないが、この2~3年でブロックチェーンを活用したビジネスプロセスや新事業が急成長するのはほぼ確実であり、世界の競合は全力で取り組みを進めている。」 「ただし問題は、Amazonが日本の流通を一気におさえつつあるように、サービスに国境のない今日では、日本企業は今すぐブロックチェーン導入を始めていかないと間に合わなくなる。現状の技術力では実現できないと言って見ている場合ではなく、失敗してもいいので、始めさえすれば、ノウハウが蓄積していく。今始めれば、今年中に実証実験が終わり、2020年からサービスローンチができる。」…

X