HISTORY

BINARYSTARとは

仮想通貨から始まったブロックチェーン技術は、2018年に先端分野での実証実験が概ね終了し、2019年からは本格的に社会実装が始まります。
ブロックチェーン技術は、応用できる分野の範囲が広く、今後、社会のインフラとなり得る可能性を秘めています。しかし、まだ大多数の企業にとっては、そもそもどのようにブロックチェーン技術を活用したらいいのかというアイデアがなく、アイデアがあってもどのように形にしたらいいのかという手段もない状況です。

BINARYSTARは、ブロックチェーン技術を活用するためのアイデアと手段を提供し、企業を通じたブロックチェーン技術の社会実装を進めるために生まれました。
私たちは、今後、ブロックチェーン技術が50年、100年と続くインフラになり、私たちの子どもや孫の世代に対して素晴らしい未来を創れるようにするために、ブロックチェーン技術とビジネスの最先端を走っていきます。

MISSION

ミッション

私たちは、企業がブロックチェーン技術とを導入するために、技術・ビジネス・法律のすべての点で支援し、最速でのブロックチェーン技術の実装を実現します。

私たちは、中立な立場で、企業同士または企業と適切なブロックチェーン技術を、互いに最適な形でつなぐことで、企業のブロックチェーン技術活用を加速します。

私たちは、ブロックチェーン技術の活用で世界をリードし、日本企業の競争力向上に寄与するとともに、世界中の個人が活躍できる社会の実現に貢献します。

COMPANY PROFILE

  • 商号

    BINARYSTAR株式会社

  • 代表者氏名

    池上雄飛

  • 本社住所

    〒104-0061
    東京都中央区銀座1丁目8−19 キラリトギンザ11F GOOGLE MAP

  • 資本金

    8,000,000円

  • 事業内容

    - コワーキング事業
    - コンサルティング事業
    - ブロックチェーン導入支援

  • 設立年月日

    2018年11月16日

EXECUTIVE ADVISORY COMMITTEE

  • 日本最大級のブロックチェーンコミュニティ。
    毎月ミートアップを行い、参会者は2500人を超える。
    法律、技術、ビギナー向けなど様々な内容に関して著名なスピーカーやWIREDやConcensysなどの業界の最先端をゆく団体とのイベントを共催。2018年だけで東京、シンガポール、ベルリン、ニューヨーク、サンフランシスコ、香港、ルワンダ、トロントでミートアップを開催しており、日本ではイーサリアムハッカソンを開催。
    運営チームの中核となっているクーガーはKDDIとエンタープライズ向けEthereumを使用したサポートサービスにブロックチェーンを適用する実証実験を共同で行い、また主力製品のコネクトームは最先端のブロックチェーン × AI × ロボティクス活用サービスとして日経やTechCrunchで何度も注目の技術として取り上げられるなど非常に高い技術力と評価を獲得している。BINARYSTARに対しては、その高いブロックチェーンやAIなどの技術力をバックグランドにした技術アドバイスや、クーガーのメンバーが務めるEEA日本支部代表としてのアドバイス、ネットワークの活用など、日本でも有数の技術、ネットワークに関する支援を提供する。

  • Infinity Blockchain Ventures(IBV)は、東南アジア全体 にプレゼンスを持つブロックチェーンコンサルティング企 業。コンサルティングに加えて、開発支援、資金調達支援 の提供により、顧客企業のアイデアを具体的に実行するま で事業・法律・技術・資金面のすべてを支える。アーリーステージのブロックチェーンプロジェクトに対してのインキュベーションを提供する。また、そのようなプロジェクトにふさわしい資金調達を支援する。現在、バンコク、クアラルンプール、ホーチミンシティにオフィスを持つ。ベトナム、マレーシア、台湾のトップ大学とも提携し、ブロックチェーン研究やビジネス展開を加速している。アジア最大級のブロックチェーンコミュニティであるAsia Blockchain Reviewを運営し、各国で多数のミートアップ を開催。オンライン・オフラインでキーパーソンと深く連携できる。

  • ブロックチェーンビジネス研究会(Blockchain Business Community、略称:BBC)は、ブロックチェーンが産業、大学、企業、個人に及ぼすインパクトについて議論と情報交換を行うコミュニティを運営している。具体的な活動内容としては、ブロックチェーン専門メディアの運営(中立的な立場からのブログ配信)、海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供。また、最先端の考えに直接触れ、議論を深め、コミュニティ作りを促進するため、月1回の「ブロックチェーンミートアップ」を都内で30回主催。さらにはブロックチェーンに関する独自の研究を行い、その研究成果をミートアップで発表。3000人を超えるFBグループを運営しており、インタラクティブな議論の場を提供している。多くの上場企業、ベンチャーに加え、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、シンガポール国立大学、中国清華大学インターネット産業研究所他からも多数参加している。

  • CTIAはスイスを拠点とし、TGE(Token Generating Event) という投資家保護、またコンプライアンス性を遵守した資金調達を支援するスタートアップのためのコンサルティングを提供している。プロジェクトが将来的にTGEを実施する場合には、資金使途を明確にし、どのような技術開発を進めていくのか、実現可能な体制が整っているのか、また類似プロジェクトの有無や優位性など、細部にわたりデューデリジェンスを行なった支援を行う。


PARTNERSHIP

  • Infinity Blockchain Labs (IBL)は日本人が創業した東南アジアでの スタートアップであり、世界中から集まった技術者やビジネスデベロ ッパーが250名以上在籍している。ベトナム現地のトップ技術大学への授業提供を通じ、ブロックチェーンエンジニア基盤を拡大しつつ、プロダクト開発にとどまらないアル ゴリズムレイヤーの研究も実施、世界初のプロダクトを多数開発。特に、金融機関におけるコンプライアンス、法規制対応コストの増大が課題とされる中で、テクノロジーによる規制の管理や規制への対応 に役立つツール(RegTech)を提供する企業を共同インキュベーショ ンという形で創出。また、ベトナム政府機関との共同プロジェクトや政府主催のカンファ レンスのパートナーを多数務めている。それに加えブロックチェーン技術を用いたシステム開発を効率化するためのソリューションや、プロトコルを提供。仮想通貨保有者、発行者向けの多通貨対応ウォレットInfinitoWalletや、スマートコントラクトを用いた開発を効率化するInfinito Blockchain Platform(IBP)を開発。

赤羽雄二
BINARYSTARアドバイザー

赤羽雄二YUJI AKABA

東大工学部卒業後、コマツにてダンロップトラックの設計・開発。
スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。
マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げた。
2002年、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。
ベンチャー共同創業、中堅・大企業の経営改革、経営幹部育成、
新事業創出に取り組む。

経産省、総務省などの研究会の委員を歴任。
東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学講師。
著書に『ゼロ秒思考』『7日で作る 事業計画書』な ど、国内19冊、海外 16冊、合計70万部超。講演多数。

井垣孝之
BINARYSTARインキュベーション・マネージャー

井垣孝之TAKAYUKI IGAKI

京大法学部卒業。
企業法務を中心とする弁護士業の他に、自ら起業した株式会社やNPO法人を含め6つの法人経営にも携わっており、マネジメントやマーケティング、問題解決を得意としている。

また、基幹システムの開発でシステムエンジニアの仕事もこなし、通常の弁護士の業務を大幅に超えた、ビジネス全般にわたるスキルを持つ。

内閣府が所管する「規制のサンドボックス」を用いた新規事業の創出も取り組んでいる。 著書「37の法律フレームワーク」

井垣孝之
BINARYSTAR相談役

金杉裕正YUSEI KANASUGI

19歳で起業し、外食事業会社、人材派遣・人材紹介会社、海外送金・外貨両替会社等を立ち上げる。
現在は、ファウンダー兼相談役として企業をサポート。
2014年に単独でタイへ渡り、日本で培った経営ノウハウを生かし、東南アジア企業のスタートアップを支援。

2015年よりブロックチェーン企業のコンサルティングをスタートし、業界に携わる。

現在は、香港にてブロックチェーン業界のコンサルティングと人材発掘を柱とした事業を立ち上げ、業界の底上げに取り組む。

RUBY SHEN
QRCジャパン、シンガポール

Ruby ShenRUBY SHEN

Fortune 500 大手企業であるSK Groupの中国本社の広報、戦略企画室で5年間勤務。中国、韓国でブランドマネジメントや広報システムの構築、ネットワークの強化に携わる。

その後、QRC Groupに参加し、主に日本と中国、シンガポールにおけるブロックチェーンマーケティングを担当。
中国No.1パブリックチェーンであるNEOと共催で、日本初のNEOハッカソンを実現させた。

毎月都内でブロックチェーンビジネス研究会(BBC) として、セミナーを開催、同名のメディアも運営して いる。
共著「ジャーナリズムの地形(Mapping Journalism)」

池上雄飛
代表取締役

池上雄飛YUHI IKEGAMI

18歳からコミュニティ主導のブロックチェーンの立ち上げに参加した。

それをきっかけに、業界トップ10のプロジェクトを立ち上げる際のプロジェクトマネジメントやシンガポール政府が唯一認可する自主規制団体の創立など様々なプロジェクトの設計、立案に携わる。

業界に対して感じていた問題意識をきっかけに BINARYSTARの事業構想が生まれ、先頭に立ってブロックチェーンの社会実装を推進する。

Geoff Ayres
グローバルマーケティング担当 
兼 インキュベーション・マネージャー

Geoff AyresGEOFF AYRES

2014年より香港を拠点とするコンサルティング会社にて日本企業の海外進出にまつわるコンサルティング業務に従事。
2015年より子会社の新規事業立ち上げおよび資金調達までをサポート。

東証一部上場企業における新規事業開発部外部コンサル タントとして戦略立案・マーケティング戦略立案、新規 事業などを支援。その他投資事業、ウェブ開発、UI・ UX設計等。

BINARYSTARにおいては、ブロックチェーンを導入し た新規事業の創出サポート業務とグローバルマーケティングに従事。

松崎颯
コミュニティ運営担当 
兼 インキュベーション・マネージャー

松崎颯HAYATE MATSUZAKI

慶應義塾大学卒業後、日本タタ・コンサルタンシー・ サービシズでIT技術者専属のプロ通訳を務めながら、俳優として宮本亜門氏の舞台に主演、映画に出演など、異色の経歴を持つ。

その後、IoT事業を主とするスタートアップ企業に創業メンバーとして入社。 中国企業との契約交渉、営業企画および法人営業を担当。

BINARYSTARにおいては、日・英の バイリンガルとし て、またスタートアップでの経験を活かし、新規事業の創出サポート業務およびコミュニティ設計に従事する。

岡本伊津美
国内マーケティング 
兼 インキュベーション・マネージャー

岡本伊津美IZUMI OKAMOTO

飲食業界でサービスマネージャーとして多数の店舗立て直しに大きく貢献。
その後、日本最大級の暗号通貨取引所BitFlyerにてカスタマーサポート体制構築、及び200名規模のプロジェクトを担当。

BINARYATARにおいては、国内マーケティングとブロックチェーンを導入した新規事業の創出サポート業務に従事。

MAIL MAGAZINE

メールマガジンの登録

ブロックチェーンに関する様々な情報や、BINARYSTARで行われる
イベントなどの特別な情報をお届けいたします。