バイナリースターとは

会社概要

Group
会社名

バイナリースター株式会社(BINARYSTAR Co.,Ltd.)

住所

〒104-0061東京都中央区銀座1-8-19
キラリトギンザ11F

資本金

800万円

代表取締役

山本 純矢・池上 祐飛

事業概要

・コワーキングスペース事業
・ITコンサルティング事業
・経営コンサルティング事業
・マーケティング・PR支援事業

創業

2018年11月16日

バイナリースターができた背景

ビットコインはブロックチェーン技術を用いた1つの大きな社会実証でした。そこから認知がされ始めたこのブロックチェーン技術は、金融領域だけにとどまらず社会のあらゆる領域で産業と密接にから関係し、多くの新たなビジネスを生み出していく可能性を秘めています。
バイナリースターはこの新たな時代と現代社会を適切に、そして効果的につなぐための架け橋となるべく生まれました。

ブロックチェーンの正しい技術や動向、統合の最適化を提供し、ブロックチェーンの社会への浸透を推進していきます。

ミッション

私達は技術だけではなく、ビジネスや法規制にまたがるブロックチェーンに関わる幅広い洞察を提供することで、ブロックチェーンの産業への導入を推進します。

ブロックチェーンと社会の進化のなかで、私達はブロックチェーンと産業の理解の差を埋め、世界と日本のブロックチェーンのコミュニティをつなぎ、日本社会の国際競争力の向上に貢献します。

私たちのチーム

JUNYA YAMAMOTO

代表取締役 社長

山本純矢
JUNYA YAMAMOTO

YUJI AKABA

アドバイザー
インキュベーション・マネージャー

赤羽雄二
YUJI AKABA

TAKAYUKI IGAKI

インキュベーション・マネージャー

井垣孝之
TAKAYUKI IGAKI

YUSEI KANASUGI

相談役

金杉裕正
YUSEI KANASUGI

YUHI IKEGAMI

代表取締役 創業者

池上雄飛
YUHI IKEGAMI

HAYATE MATSUZAKI

コミュニティ運営担当
インキュベーション・マネージャー

松崎颯
HAYATE MATSUZAKI

GEOFF AYRES

グローバルマーケティング担当
インキュベーション・マネージャー

Geoff Ayres

IZUMI OKAMOTO

国内マーケティング
インキュベーション・マネージャー

岡本伊津美
IZUMI OKAMOTO

RUBY SHEN

QRCジャパン、シンガポール

Ruby Shen

エグゼクティブ・アドバイザー


日本最大級のブロックチェーン技術コミュニティ。累計の参会者数は3000人を超える。
技術・事例・法律・初心者向けなど様々な内容に関して、著名なスピーカーや、WIREDやConcenSysなどの業界の最先端を行く団体とのイベントを共催。これまでに、東京、シンガポール、ベルリン、ニューヨーク、サンフランシスコ、香港、ルワンダ、トロント、パリなど、世界10都市以上でカンファレンスを開催した実績を持つ。また、インバウンドをテーマにしたイーサリアムハッカソンや、AIの世界的プレイヤーであるSingularityNETとのAIxブロックチェーンワークショップなど、日本で初の試みとなる最先端技術を活用したイベントも多数開催している。

 

INFINITY BLOCKCHAIN VENTURES(IBV)は、日本、バンコク、クアラルンプール、ホーチミンにオフィスを構える有名なブロックチェーンコンサルティング会社です。それは、ビジネス、法律、技術、および財政的支援を通じてクライアントの目標を追求する力で、アジア地域で際立っています。 IBVは、ベトナム、マレーシア、台湾のトップ大学と協力して、ブロックチェーンの研究、開発、適応を加速しています。

 

 

ブロックチェーンビジネスコミュニティ(BBC)は、参加者がブロックチェーンが産業、大学、企業、個人に及ぼす重要な影響についての情報を議論および交換できるコミュニティを運営しています。

具体的には、ブロックチェーンに特化したメディアを運営し(中立的な立場からのブログ配信)、ブロックチェーン技術に関する海外の新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介しています。また、教育界と産業界が交流する機会を提供する地域交流会も開催しています。

彼らの毎月の「ブロックチェーン会議」では、議論を深め、彼らのブロックチェーンコミュニティを促進するために、最新のアイデアを洞察しています。彼らはまた、ブロックチェーンとその課題に関する研究についてのレポートを実施し、発表しています。また、BBCが運営するFacebookグループには3000人以上のメンバーがおり、メンバーはインタラクティブな議論に参加することもできます。

主な参加機関は、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、シンガポール国立大学、(清華大学)、およびその他多くの大学です。大手企業やベンチャー企業もBBCを支持しています。

 

CTIAグループは、価値のあるトークンを使った様々なトークンエコノミーの実現を目指し2017年に設立。
あらゆる作る人、使う人、つなぐ人が同じ立場で目標に向かって取り組めるフェアな社会づくり支援活動をしています。

新しいテクノロジーとして注目されるブロックチェーン技術を主軸に金融や投資の世界だけではなく、消費を支える農業や漁業、様々なニーズに応えて資材を作り出す製造業などに導入し、安心できる高品質な商品を安定的に生産して供給することで社会を支え、これまで解決が難しかった生産や消費においての課題の解決に向けて取り組んでいます。
CTIAグループのネットワークは、シンガポールを起点に、日本、ロンドンなど、
各ビジネス拠点を中心に海外の企業に幅広くアプローチしています。
現地のビジネスニーズや新しい事業にアンテナを張り世界の企業へTaaS(トレーサビリテ アズ ア サービス)ソリューションの魅力を届けながら、デジタルトランスフォーメーションが様々なビジネスで活用されることにより、世界中の人々へ価値を届けることに日々研究、開発をしています。

企業HP:https://ctia.ltd/

代表取締役 社長

山本純矢
Junya Yamamoto

青山学院大学国際政治経済学部卒業。
在学中より、日本の上場企業にて営業と新規事業立ち上げを2年間経験。
2012年にベトナムに設立されたばかりのオフショア・ソフトウェア受託開発企業の立ち上げに参加するために、報酬0の状態で移住。
後に功績が認められてCOOに就任し、ベトナム2拠点、日本2拠点をまたぐ開発とセールスチームの構築を担当。
5名の体制から3年半で約100名年商2億円、営業利益率50%の高利益体制への成長を牽引した。
2015年にベトナムでブロックチェーン技術のR&DスタートアップをCo-Founderとして創設。
2年で250名を超えるベトナム最大のブロックチェーン技術企業に成長し、約100のスピーカーと2000名を超える来場者を達成した当時アジア最大規模となるブロックチェーンカンファレンスをホーチミン市で実現した。

2019年法人のグループ化に際して、新たにブロックチェーンを用いた事業開発を専門とする新法人IBL台湾を設立するために台湾へ移住。
ブロックチェーン体験を向上するプロダクトを提供するInfinito Solution社(シンガポール)と、日本最大のブロックチェーン専門インキューベーションセンターであるBINARYSTAR社のCEOも兼任し、グループ全体のブロックチェーンを活用した事業開発を牽引している。

国内マーケティング 兼 インキュベーション・マネージャー

岡本伊津美
IZUMI OKAMOTO

飲食業界でサービスマネージャーとして多数の店舗立て直しに大きく貢献。
その後、日本最大級の暗号通貨取引所BitFlyerにてカスタマーサポート体制構築、及び200名規模のプロジェクトを担当。

BINARYATARにおいては、国内マーケティングとブロックチェーンを導入した新規事業の創出サポート業務に従事。

コミュニティ運営担当 兼 インキュベーション・マネージャー

松崎颯
HAYATE MATSUZAKI

慶應義塾大学卒業後、日本タタ・コンサルタンシー・ サービシズでIT技術者専属のプロ通訳を務めながら、俳優として宮本亜門氏の舞台に主演、映画に出演など、異色の経歴を持つ。

その後、IoT事業を主とするスタートアップ企業に創業メンバーとして入社。 中国企業との契約交渉、営業企画および法人営業を担当。

BINARYSTARにおいては、日・英のバイリンガルとして、またスタートアップでの経験を活かし、新規事業の創出サポート業務およびコミュニティ設計に従事する。

グローバルマーケティング担当兼 インキュベーション・マネージャー

Geoff Ayres

2014年より香港を拠点とするコンサルティング会社にて日本企業の海外進出にまつわるコンサルティング業務に従事。
2015年より新規事業の立ち上げに従事、資金調達7億円、香港から日本への進出までをサポート。

その傍ら、東証一部上場企業における新規事業開発部外部コンサルタントとしてのアートxブロックチェーン新規事業の戦略立案・マーケティング戦略立案、チームビルディングなどを支援。
その他投資事業、ウェブ開発、UI・ UX設計等、デザイン等。

BINARYSTARにおいては、ブロックチェーンを導入した新規事業の創出サポート業務とグローバルマーケティングに従事。

代表取締役 創業者

池上雄飛
YUHI IKEGAMI

18歳からコミュニティ主導のブロックチェーンの立ち上げに参加した。

それをきっかけに、業界トップ10のプロジェクトを立ち上げる際のプロジェクトマネジメントやシンガポール政府が唯一認可する自主規制団体の創立など様々なプロジェクトの設計、立案に携わる。

業界に対して感じていた問題意識をきっかけに BINARYSTARの事業構想が生まれ、先頭に立ってブロックチェーンの社会実装を推進する。

QRCジャパン、シンガポール

RUBY SHEN

Fortune 500 大手企業であるSK Groupの中国本社の広報、戦略企画室で5年間勤務。中国、韓国でブランドマネジメントや広報システムの構築、ネットワークの強化に携わる。

その後、QRC Groupに参加し、主に日本と中国、シンガポールにおけるブロックチェーンマーケティングを担当。
中国No.1パブリックチェーンであるNEOと共催で、日本初のNEOハッカソンを実現させた。

毎月都内でブロックチェーンビジネス研究会(BBC) として、セミナーを開催、同名のメディアも運営している。
共著「ジャーナリズムの地形(Mapping Journalism)」

BINARYSTAR相談役

金杉裕正
YUSEI KANASUGI

19歳で起業し、外食事業会社、人材派遣・人材紹介会社、海外送金・外貨両替会社等を立ち上げる。
現在は、ファウンダー兼相談役として企業をサポート。
2014年に単独でタイへ渡り、日本で培った経営ノウハウを生かし、東南アジア企業のスタートアップを支援。

2015年よりブロックチェーン企業のコンサルティングをスタートし、業界に携わる。

現在は、香港にてブロックチェーン業界のコンサルティングと人材発掘を柱とした事業を立ち上げ、業界の底上げに取り組む。

BINARYSTARインキュベーション・マネージャー

井垣孝之
TAKAYUKI IGAKI

京大法学部卒業。
弁護士・応用情報技術者・ブロックチェーン導入コンサルタント。

自ら起業した株式会社やNPO法人を含め6つの法人経営にも携わる。マネジメントやマーケティング、問題解決など、ビジネス全般のスキルを踏まえたソリューション提案を得意とする。

弁護士業では、新規事業創出のプロジェクトマネジメント・スキームの適法化等の「プロジェクト型企業法務」を中心に取り扱い、通常の弁護士の業務範囲を大幅に超えて、ビジネスサイドに軸を置いた取り組みを推進している。
著書「37の法律フレームワーク」

BINARYSTARアドバイザー

赤羽雄二
YUJI AKABA

東大工学部卒業後、コマツにてダンロップトラックの設計・開発。
スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。
マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げた。
2002年、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。
ベンチャー共同創業、中堅・大企業の経営改革、経営幹部育成、
新事業創出に取り組む。

経産省、総務省などの研究会の委員を歴任。
東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学講師。
著書に『ゼロ秒思考』『7日で作る 事業計画書』な ど、国内19冊、海外 16冊、合計70万部超。講演多数。

X