【ニューヨーク州ロチェスター 2021年2月8日】
ブランド保護技術、ブロックチェーンセキュリティ、ダイレクトマーケティング、ヘルスケア、不動産、証券化デジタル資産などの事業を展開する多国籍企業Document Security Systems, Inc.(アメリカン証券取引所:DSS)(以下、DSS)は、グローバル分散型デジタル投資銀行グループであるデジタル資産金融サービス企業のCoinstreet Partners(以下、Coinstreet」)、独自のブロックチェーンを用いてトークン化された証券の発行、取引、および決済を行うグローバルデジタル取引エコシステムのGSX Group(以下、GSX」)とのジョイントベンチャー(JV)を立ち上げたことを本日発表した。 北米、ヨーロッパ、アジアの3大陸の通常の資本市場での経験、フィンテックイノベーション、ビジネスネットワークを組み合わせ、3つの分野の主要リーダーが独自のパートナーシップを作り上げ、独自のデジタル資産に投資の機会ををもたらす。

この新しいJVは、まず米国でデジタル証券取引所のライセンスを取得し、このセクターの企業債権発行者と投資家にサービスを提供するべく、GSX STACSのブロックチェーン技術を活用してデジタル証券取引所を構築および運営する。

DSSのCEOであるFrank Heuszel氏は、ジョイントベンチャーに関する取材に対して「我々は デジタル資産ビジネスを加速させる機会を探しており、このコラボレーションが成功の強力な基盤となることを確信している。デジタル証券の変革の見通しはとてもエキサイティングであり、米国流通市場で証券トークンの大きな機会が狙えることを楽しみにしている。」と語った。

CoinstreetPartnersの創業者でCEOのSamson Lee氏は、新しい合弁事業の主要なファシリテー ターとして 「この4年間、Coinstreetは国際市場におけるSTOおよびデジタル資産の発行市場(プライマリーマーケット)での活動に焦点を合わせてきた。米国でのデジタル資産取引に着手するためDSSおよびGSXと戦略的パートナーシップを確立でき、嬉しく思う。これはCoinstreetにとって大きな前進で、当社のグローバルな発行市場サービスを非常に重要な市場である米国の規制流通(セカンダリー)取引所と縦につなげることができるようになる。」と述べ、

GSXGroupのCEOであるNick Cowan氏は、この設立の結果について「この戦略的ジョイントベ ンチャーを通じて、私たちは資本市場のパラダイムシフトを確立するというビジョンを実現している。DSSとCoinstreetの新しいパートナーの助けを借り、証券の基盤となる特注のブロックチェーンを使用して、GSX STACSネットワークはこの新しい取引所が米国および世界の債 権発行者に刺激的な機会をもたらすことになると確信している。」とした。

世界経済フォーラムの調査によると、世界のGDPの10%が2027年までにトークン化され、推定時価総額は24兆米ドルになる。規制の枠組みがより明確になり、業界では大企業からの革新的なデジタルセキュリティや金融機関からのデジタル資産の幅広い採用といった前向きな進展が多く見られるようになり、資産のトークン化とデジタル化された証券が共に金融業界の中で勢いを見せている。 

このジョイントベンチャーを通してDSS、Coinstreet Partners、GSX Groupは、代替的取引 システム(ATS)としてFINRA登録を受ける、次のデジタル資産取引所になる可能性がある。

Document Security Systems, Inc. について

DSSはブランド保護テクノロジー、ブロックチェーンセキュリティ、ダイレクトマーケティング、ヘルスケア、不動産、および証券化されたデジタル資産に焦点を当てたビジネスを運営する多国籍企業だ。そのビジネスモデルは、DSSが戦略として子会社をIPOにスピンアウトする際に、株主が子会社の株式を受け取る分配共有システムが基盤になっている。これまでに偽造防止、認証技術、スマートパッケージング、および消費者製品エンゲージメントを中心に展開してきた。DSSは、リスク管理をしながら企業変革を行う手法で40年以上成功を収めているグローバルビジネスのベテラン、会長兼筆頭株主のFai Chan氏が率いる。彼は合計250億ドルの 価値を持つ、35を超える企業の再建に成功した。

DSSの詳細についてはこちら: www.dsssecure.com

Coinstreet Partners(コインストリート)について

2017年に設立されたCoinstreetは、受賞歴のあるAIを活用した分散型投資銀行グループで、個人資産向けのプレミアム金融サービス企業だ。デジタル資産およびFinTechセクターを専門に扱うコンサルティング会社であり、デジタル経済の新時代に向けたビジネスエコシステムを提供する。Coinstreetは、次の5つの主要な事業セグメントに焦点を当てている。(1)デジタル資産投資銀行、(2)デジタル資産/総合資産管理およびプライベートバンキング、(3)デジタル資産グローバル分配コーディネート、(4)資産トークン化およびセキュリティデジタル化管理ソリューション、(5)分散型ファイナンスおよびDLTソリューション。

Coinstreetは、Global Online Investor Roadshow( www.GOIR.info )の共同主催者だ。これは プライベート エクイティ、オルタナティブ投資、デジタル資産などの機会のための、次世代で 機関規模のオンライン私募プラットフォームである。また、トークン化された資産とデジタル化された証券セクターに対する世界初の国際的な賞、TADS Awards ( www.TADSawards.org) の共催者でもある。

Coinstreetの詳細についてはこちら :https://coinstreet.partners/

GSX Groupについて 

ジブラルタル証券取引所(GSX)を所有および運営しているGSX Groupは、デジタル証券取引 所にて成長を続けるフィンテックエコシステムだ。GSX Groupは資本市場開発の次の段階に進 み、債権発行者と投資家間の採択と繋がりを促進する経済のトークン化を活用してデジタルエコシステムの構築を目指す。

GSX Groupの詳細についてはこちら: www.gsxgroup.global/

DSS投資家の連絡先:
Dave Gentry, CEO
RedChip Companies Inc.
407-491-4498
Dave●redchip.com(●を@に変えて送信して下さい。)

免責条項開示(セーフハーバー・ルール)
このプレスリリースには、1933年証券法(その改正も含む)セクション27Aおよび1934年証券取引法(その改正も含む)セクション21Eで規定されているセーフハーバー条項に従って作成された、将来の予想に関する記述が含まれています。このような将来の予想に関する記述には、当社の収益の使用目的に関連する記述、およびその他過去の事実に基づかない記述などが含まれます。将来の予想に関する記述は経営陣の現在の期待に基づいており、実際の結果や出来事がこの記述と大きく異なる可能性があるというリスクや不確実性があります。こういったリスクや不確実性の大半は当社の管理の及ばないものであり、以下が含まれます。当社の成長戦略に関連するリスク。資金調達および戦略的合意と関係を取得、実行、維持する当社の能力。開発活動の結果に関連するリスク。キーパーソンを引き付け、統合し、維持する当社の能力。多くの追加資金の必要性。特許および知的財産の問題。競争。さらに事業内容およびSECのその他の記載(フォーム8-K、10-Qに関するレポート、およびSECのウェブサイトwww.sec.gov から得られるもの全てを含む)の「リスク要因」というタイトルのセクションに記載されているその他のリスク。読者は、将来の予想に関する記述に過度の信頼を置かないように注意してください。これらの記述は発表された日付の時点での経営陣の現在の見積もり、予測、期待、および信念が反映されています。法律で求められる場合を除き、当社はこうした声明のもととなった出来事や状態または状況のいかなる変化に関しても、当社の見込みの変化を反映するために、ここに含まれるいかなる将来の見通しに関する記述の更新および改訂を配信する義務や履行の責任を明確に負わないものとします。